ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン。 小粒でぴりりと辛いスクランブラー、ハスクバーナ・スヴァルトピレン250に乗った。

ハスクバーナ スヴァルトピレン701の見た目以外のイイトコロ|ずばり、ギャンッ!と回るエンジンと、250cc級の軽さです。|Motor

前後17インチの足周りは、ストリートにおいてその性能を発揮する。 実はバックトルクリミッターも装備されているのだが、介入度がうまく調整されているのか、街中などのライディングではほとんどその作動を意識させない。 フロント周りが軽く、クルクルと小回りの利く敏捷性。

5

大型二輪納車。ハスクバーナ『スヴァルトピレン 701 STYLE』が届きました。

Svartpilen 701 僕が見に行ったのは『Svartpilen 401』です。 同社はKTMの車両デザインだけでなくカタログなどのグラフィックデザインも担当しているが、先のデュークに始まり、今回のハスクバーナにも深く関与しているという。

12

【ハスクバーナ ピレンシリーズ 試乗】普通2輪免許で乗れる!お洒落で楽しいロードモデルたち…鈴木大五郎

単気筒らしい鼓動感も小気味いい。 サスペンションは前後ともにWP製です。 そのハイパフォーマンスぶりに少しビックリしてしまうかもしれない。

9

【ハスクバーナ ピレンシリーズ 試乗】普通2輪免許で乗れる!お洒落で楽しいロードモデルたち…鈴木大五郎

店頭で一目惚れした『Svartpilen 701』。 サスペンションは前後ともにWP製です。 加えて、スタイリングは250ccクラスのなかではかなり個性的。

軽二輪スクランブラーのド本命?! ハスクバーナ「スヴァルトピレン 250」が4月発売に!

丸形のヘッドランプは外周がLEDのデイタイムランニングライトになっている。

【ハスクバーナ ピレン701シリーズ 試乗】ボルボやイケアだけじゃないスウェーデンブランドの存在感…鈴木大五郎

7cc 最高出力 : 55 kW 74 hp /8,000 rpm 最大トルク : 71 Nm/6,750 rpm フレーム形式 : クロームモリブデン鋼製トレリスフレーム。 特に6,000rpm以降でアクセルをガバッと開けてやれば、体が置いていかれそうなほどの加速感を味わうことができる。