日立 金属 不正。 日立金属に関するトピックス:朝日新聞デジタル

日立金属、検査不正の調査中に売却手続き入り 疑問視も:朝日新聞デジタル

の主要上場子会社、は27日、特殊鋼や磁石などの製品の品質試験で、検査成績書の数値を改ざんするなどして、納入先に提出していたと発表した。

14

「金属」「建機」の株式売却へ、“巨艦・日立”解体も多難な道のり|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

日立製作所による株売却について平野耕太郎社長は「建機事業をより強くすることと、業績を上げることが第一だ」と語り、業績向上策の推進に力を注ぐ。

2

「金属」「建機」の株式売却へ、“巨艦・日立”解体も多難な道のり(ニュースイッチ)

前者は自動車部品メーカーなど約50社に、後者は約20社に納入された。 同年3月20日以降の事実確認の過程で、熊谷磁材工場と佐賀工場(佐賀県・大町町)、子会社のNEOMAX近畿(兵庫県養父市)が製造する希土類磁石の一部についても、検査成績書への不適切な数値の記載が明らかになった。 きょうの各紙をみると、朝日が経済面のトップで「日立金属が検査不正、車部品の特殊鋼・磁石」と大きく報じているが、読売にはその記事はなく、産経は情報欄にわずか8行程度で、朝日を除くと極めて地味な掲載だ。

12

日立金属が品質検査不正=特殊鋼や磁石で10年以上

nui-aspect-container--16-9 img,. 西山氏が4月、日立製作所の執行役専務から転じたことで「売却は既定路線」(関係者)との指摘がある。 YXRシリーズ(マトリックスハイス)• 5s linear infinite;animation:spin 1. 株式会社• 新常態時代を勝ち抜く 社会変革軸に選択と集中 日立製作所は創業110周年の節目にグループ再編の最終局面に入った。

2

「日立金属」のニュース一覧: 日本経済新聞

(昭和37年) - 東京、大阪証券取引所一部上場• (平成7年) - 日立フェライト(株)と合併• (昭和36年) - 熊谷工場新設。 株式会社• 主力製品は、に用いられる先端固体材料の高級工具鋼(YSSヤスキハガネ)、その他電子製品で使用される合金等の金属製品、高級自動車部材、磁性材料、鉄鋼用ロール配管製品、などを擁する特殊鋼・エコ製品を核とした総合素材メーカーである。

9

「金属」「建機」の株式売却へ、“巨艦・日立”解体も多難な道のり(ニュースイッチ)

桑名工場(三重県;配管機器)• またフェライト磁石は、主にワイパーやパワーウィンドウなど自動車用やエアコン等家電用の各モーターに用いられ、希土類磁石はネオジム等のレアアースを主原料とする強力な磁石で、自動車の電動パワーステアリングやFA(ファクトリー・オートメーション)、ロボット用モーターに使われている。

2

日立化成に続く 日立金属 検査不正のことです

上場子会社の問題はけりがつきそうだが、新たな課題も浮上する。 日立製作所による株売却について平野耕太郎社長は「建機事業をより強くすることと、業績を上げることが第一だ」と語り、業績向上策の推進に力を注ぐ。

日立金属、難路の独り立ち 品質不正で社長引責辞任: 日本経済新聞

5s linear infinite;-moz-animation:spin 1. このたび、当社及び子会社において製造する特殊鋼製品並びに磁性材料製品(フェライト磁石及び希土類磁石)の一部につきまして、お客様に提出する検査成績書に不適切な数値の記載が行われていた等の事実が判明しましたので、現時点で把握している事実及び今後の対応について下記の通りご報告いたします。

5