蜻蛉 日記 うつろ ひたる 菊。 蜻蛉日記町の小路の女うつろひたる菊品詞分解現代語訳

蜻蛉日記 「うつろひたる菊」解説

翌朝、やはりこのままではいられないと思って、 嘆きながら、一人で寝る夜の、夜明けまでの間は、どんなに長いか、おわかりですか。

15

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 現代語訳

しかし、おしとやかな外面とは裏腹に、鋭い観察眼を持っていました。 「あさまし」 あさまし=驚き、あきれること。

2

蜻蛉日記「うつろひたる菊」

つれな うて、 「しばし試みるほどに」 など 気色あり。 まとめ いかがでしたでしょうか。

1

蜻蛉日記うつろひたる菊で、「『内裏に。』など言いつつあるべきを、」と言...

なので、道綱の母の恨み節も、そこまででもない。 20 しきり ラ行四段動詞「しきる」の連用形。 ・まき - 檜(ひのき)など。

11

『蜻蛉日記』の作者藤原道綱母と兼家との恋のやり取り

兼家は、初め、 「うちのかた、のがるまじかりけり」 と言って、作者の家を出て行っている。 夫が頻繁に通ってくれれば、夫の愛は深いことになり、まったく来てくれなくなれば、夫は妻に飽きて見捨ててしまった、ということになります。

18

蜻蛉日記「うつろひたる菊・町の小路の女」原文と現代語訳・解説・問題|なげきつつひとり寝る夜

と、例よりはひきつくろひて書きて、移ろひたる菊にさしたり。

5

『蜻蛉日記』「うつろひたる菊」の現代語訳と重要な品詞の解説1

蜻蛉日記「うつろひたる菊」解説。 何食わぬ顔で。 「どうしようか。

17