中田 英寿 日本酒 グラス。 プロジェクト

六本木ヒルズで中田英寿さんによる日本酒イベント 110の酒蔵が登場

葡萄を搾り、醸造し、彼らのレストランで必要なワイン生産から、販売のためのワインへと少しずつ進歩を遂げてきました。 蔵元と直接ふれあう貴重な時間を過ごすもよし、有名店の本格的な料理に舌鼓を打つもよし、日本酒片手に桜を愛でるもよし。

5

中田英寿インタビュー:日本文化をつなげるプロジェクト、「にほんもの」に懸ける思い

辛口や甘口など、銘柄によって味に個性があるのも魅力です。 Through communicating with others, he has been able to disseminate information about the allure and beauty of Japanese culture to people throughout the world. SAKE COMPETITION is the only Japanese sake competition in the world for consumers as it is limited to commercially available sake. かまくらは、東京都指定の伝統工芸品である江戸硝子の技法を用いて作られています。 一方で、お茶に関する知識、情報はおよそ広がっているとは言い難い状態にある。

7

中田英寿インタビュー:日本文化をつなげるプロジェクト、「にほんもの」に懸ける思い

平日の12:30より、番組「YEBISU BEER BEGINNINGS~FROM TAKANAWA GATEWAY 〜」で、レイチェル・チャンやシシド・カフカなど人気ナビゲーターが東京の熱気をリアルタイムでお届け。 また、日本酒が端麗か濃醇であるかに合わせて、飲み口の設計がそれぞれ違うのも特徴のひとつです。 こちらは、「ヒデ」ことサッカー元日本代表の中田英寿さんがプロデュースする、全国の地酒が楽しめるイベントで、各蔵元の自信作をグラス一杯から楽しむことができます。

8

日本酒のラインナップがスゴい!中田英寿氏とJ

今年の見どころやポイントを教えてください。 今まで出会ったことのない個性的で独特なこのワインの味に惚れ込んだ中田はラベルデザイン、ボトルの形などを総合プロデュース。

11

中田英寿「超高級日本酒セラー」ぼったくり気味販売の怪と、堀江貴文西村博之の謎のヨイショの謎(山本一郎)

もちろん変わります。 海外のラーメン屋に360万もする日本酒セラー置いて何年でペイすると思って対談しているのかがまず良く分かりません。 飲んでみたい! と思う銘柄ばかりです。

12

中田英寿プロデュースの日本酒フェス「CRAFT SAKE DAY FUKUSHIMA」をレポート!

。 創業してから数々の賞を受賞し、目覚ましい功績を残しています。

14