トラッキング 現象。 漏電、トラッキング現象。電気火災は2月が要注意!? その危険性とは

「トラッキング現象」により火災が発生するメカニズムと安全対策について

また、寒い季節には結露によりホコリが湿気を含み、トラッキング現象が発生しやすくなります。 プラグにホコリをためない トラッキング現象の原因はチリやホコリです。 ヘアピンやクリップなどの金具が、電源プラグの左右の刃に接触するとショートを起こすのでご注意を。

8

冬に増加!電気火災を防ぐ 〜トラッキング火災にご注意!

平成30年中、モバイルバッテリなどに使用されているリチウムイオン電池関連から出火した火災は82件で、前年と比べて26件増加しており、最近5年間で最も多い件数となっています。 概要 [ ] 漏電は、電気が回路外へと流れることで、予期しない動作不良や事故を招くため、の範疇では、さまざまな方法で予防される。

冬に増加!電気火災を防ぐ 〜トラッキング火災にご注意!

収納ボックスの中に電源タップを入れることでホコリほ付着を防止することができます。 規格 [ ] トラッキング現象についての規格はが定めたIEC 60112、及びこれを基に作成されたのJIS C 2134が存在する。

14

東京消防庁<広報テーマ(2018年8月号)>

トラッキング現象による火災を防ぐため、差込みプラグは、使用時以外はコンセントから抜くようにしましょう。 ただし電気回路としてすると電池の種類によっては瞬間的に大電流が流れ回路が破壊されたり、電池内部の化学反応で爆発したり、電池から発生したガス(水素ガス)への引火や、電池の破損に伴う内容液の漏出(液漏れ)による被害に繋がることもある。 また、差込みプラグやコンセントといった配線器具は、差込みプラグのトラッキング現象やコンセント内部の接続部の緩みによる発熱、プラグをコンセントに差込む際に、アース線やヘアピン等の媒体を挟み込むなどの火災が発生しています。

19

トラッキング現象

トラッキング現象は、コンセントやプラグが原因で起こると考えられがちですが、多くのご家庭で使われている電気タップもその原因となります。

19

「トラッキング現象」により火災が発生するメカニズムと安全対策について

長時間差したままのプラグ等は、定期的に点検し、乾いた布等で清掃し、発熱等の異常がある場合は、交換しましょう。

10

東京消防庁<広報テーマ(2018年8月号)>

平成27年1月に電気用品安全法の一部が改正、一般家庭で日常的に使用されるすべての電気製品の差込みプラグについて耐トラッキング性、略して「タイトラ」が要求されるようになったからです。

8

東京消防庁<広報テーマ(2019年8月号)>

理想的には基板屋が対応するのがいいのかもしれません。

12

トラッキング現象とは?原因を知り安全対策実施で電気火災を防ごう!!

他部門から自部門の設計内容をあれこれ言われるのは嫌だと思うかもしれませんが、そう捉えずに「客観的な視点で見るとこう思うのか」という寛容さというか、謙虚さが重要なのだと思います。 心線(コードなどの中心部にある銅線)同士をねじり合わせて、直接つなげて使用することは危険です。 もっと手軽にということであれば、差し込み部分にホコリの侵入を妨げる構造のプラグカバーでもかまいません。

20