岐阜 新聞 予言。 「岐阜新聞」は30年前の記事でズバリ!? コロナ「予言の書」が続々登場の怪|ニフティニュース

「2020年、人類の半数が伝染病に」…日本の新聞が30年前にコロナ事態を予言?

茂みで狼達が吠え、無垢な人々の血が流れるでしょう』と、アメリカ同時多発テロを予言したとされる、盲目の予言者ババ・ヴァンガもそれは同様です。

18

「岐阜新聞」は30年前の記事でズバリ!? コロナ「予言の書」が続々登場の怪|ニフティニュース

そして、当時の紙面内容について、世界保健機関(WHO)がまとめた地球温暖化による健康被害予測を紹介するものだったとし、予測の中で「地球の温暖化に伴い、全世界でマラリアなどの伝染病が大流行し、世界人口の半数近くが感染する可能性がある」と示されたほか、大気のオゾン層が破壊されれば人類の免疫力が低下する恐れがあることが初めて指摘されたと紹介している。 これによると、2020年にはマラリアなどの病原体が繁殖できるほどに気温上昇が予測され、アフリカや南米などで大流行、東南アジアで寄生虫なども広がり、さらにオゾン層の破壊による紫外線量 が増加が人間の免疫力が低下させるため、 熱波による高齢者や新生児、心臓病などを持つ人々の死者が急増し、食糧不足にも陥るとしている。 当時から、地球環境の破壊が生態系の破壊を通じて人類に悪影響を与えるとの指摘はあり、WHOも感染症流行について繰り返し警告している。

7

「岐阜新聞」は30年前の記事でズバリ!? コロナ「予言の書」が続々登場の怪|ニフティニュース

熱波による死者急増や、海面上昇による洪水などにも警鐘を鳴らしていた。

20

2020年、人類の半数が…コロナを予言? 新聞が話題 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

中国のネットでは、 ドラえもんが答えだと言われているようです。

6

30年前にコロナ予言か?1990年5月の岐阜新聞朝刊「2020年人類の半数が伝染病に」 当たってるとツイッターで話題 [ばーど★]│エンがちょブログ

そちらのほうが僕としてはいわゆる"ヤバい"と思います。 記事の細部も現在のコロナ禍とは異なる。 世界人口の半数にははるか及ばないが、200カ国以上に広がり、感染拡大が続く。

6

30年前に新型コロナを予言?日本の新聞が話題に=中国ネット「ドラえもんが答え」|レコードチャイナ

実際、記事の内容は新型コロナとは直接関係がない。

18

「岐阜新聞」は30年前の記事でズバリ!? コロナ「予言の書」が続々登場の怪|ニフティニュース

「2020年」の見出しが躍る(岐阜新聞社) 30年前、1990年5月2日付の岐阜新聞朝刊に掲載された見出しと記事が、会員制交流サイト(SNS)上で話題となっている。

17