ニプロ 注射器。 ニプロがカイ気配、ファイザー製ワクチン接種開始で注射器の増産思惑で人気化へ 投稿日時: 2021/02/17 09:10[みんなの株式]

【ASKUL】医療業種確認

2月17日から医療従事者への新型コロナウイルスワクチンの先行接種が始まった。 ご覧になろうとしているページには、医療機関、医療関連施設向けの商材が含まれております。

8

ニプロ、6回接種の注射器増産へ 供給は9月か | 共同通信

2月には厚労省からの要望に基づき、十数万本を納入した。 その仕組みはこうだ。 同社の広報担当者は「前倒しできるよう努力したい」と話す。

11

ニプロ、6回接種の注射器増産へ 供給は9月か | 共同通信

厚生労働省から増産要請を受けた。 医療機器大手のニプロは18日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを、1瓶で6回接種できる特殊な注射器を大幅に増産すると明らかにした。

1瓶で1回分多くワクチン接種…増産体制の“特殊な注射器”が今まで普及しなかった理由を聞いた

同社は今月上旬、同省に十数万本を納入した。 新型コロナワクチン用の注射器について、針の根元に「液だまり」があるため薬液 ワクチン が当初予定の1瓶6回接種に対し同5回に減ると伝えられている問題を巡り、薬液が無駄にならない「ローデッド型」注射器のメーカーとして注目されている。

10

ニプロ、6回接種の注射器増産へ 供給は9月か | 共同通信

(医薬品卸売販売業の許可取得により、医療機関、医療関連施設向けには医療用医薬品の販売が可能です。 通常の注射器を使う場合、薬液の一部が注射器内や針に残ってしまう。 医療機関、医療関連施設向けの医薬品・医療機器については、一般のお客様には販売することが出来ませんのでご了承ください。

1

ニプロ、6回接種の注射器増産へ

ファイザー製のワクチンの場合、一般的な注射器ではワクチン1瓶から5回しか接種できないが、特殊な注射器を使うと6回接種することができる。 ニプロの広報担当者はタイ工場で増産態勢を整えるのに4~5カ月かかるとした上で「前倒しで増産できるよう取り組んでいる」と話した。 増産には4~5カ月かかるとみられ、実際の国への納品は秋頃になる予定ですが、前倒しできるよう引き続き鋭意努めてまいります。

8

ニプロ、1瓶6回の注射器増産 新型コロナワクチン接種、月数百万本(時事通信)

ニプロは1月下旬に厚生労働省から増産の要請を受け、対応を検討していた。 ピンクの部分が残った薬液 この特殊な注射器を生産している会社の1つが、大阪の大手医療機器メーカー「ニプロ」だ。 増産分を国内に供給できるのは9~10月ごろになる見込みだ。

10

ニプロ、6回接種の注射器増産へ 供給は9月か|秋田魁新報電子版

4~5カ月かけてタイの工場の設備を増強し、製造能力を現在の月50万本から、数百万本に引き上げる。 増産分の供給は9月ごろになる見込みとしている。 最近は、「筋肉注射用の長い針を含めて対応できるメーカーはごく少数で 中略 、日本ではニプロなどに限られる。

5

ニプロはワクチン無駄にならない注射器が注目され再び一段高

特徴は、ワクチンを押し出す部分が突起状になっており、ファイザー社のワクチン1瓶から6回接種できることができる。 「いいえ」をクリックするとTOPページもしくは医薬品・医療機器を除いたページに遷移します。

3