アウト ビアンキ a112。 1971 AUTOBIANCHI A112 ABARTH|アバルトの歴史を刻んだモデル No.004

≪A112アバルト≫イタリアのアウトビアンキの大ヒットモデル!特徴や歴史に迫る

オートクルーズコントロール• 1、2ラリーカーも若手であった選手陣も相当力をつけており、A112によるフィアットのWRC Gr. ハイブリッド• エアコン• 皆に「バッタ物」と言われるが、自分では「殿様バッタ」で通している。 ドライブレコーダー• その元祖は『アウトビアンキ・プリムラ』で、これに次いだのが1969年に発売された『フィアット128』と、『アウトビアンキA112』だった。

6

アウトビアンキまとめ|A112アバルトは名車!その魅力と中古車価格は?

(右)サソリが配されたエアクリーナー・ケースと、アバルトの名が鋳込まれたカムカバーが熱い走りを予感させる。 その中でも特に有名なモデルが「アウトビアンキA112」、そして「アバルト」の創始者であるカルロ・アバルト氏がチューンした最後のモデルが、「A112アバルト」です。 (左)1979年モデルのインテリアは、スピードメーターとタコメーターが正面に配置され、3つの補助計器はセンター下に並ぶ。

19

クラブ発足20周年!毎年恒例「アウトビアンキA112の日」 ~The Day Of 112 Autobianchi~

CDナビ• 1981年にジャックス・カーセールスが輸入権を獲得。

2

1971 AUTOBIANCHI A112 ABARTH|アバルトの歴史を刻んだモデル No.004

セダン• 排気量が拡大されて1,050ccになり、出力は70psになりました。 982ccの排気量から108hpの最高出力をマークした。

AUTOBIANCHI A112 ABARTHアウトビアンキA112アバルトが欲しい!!

アダプティブクルーズコントロール• カーオーナーのクルマ生活に喜びと発見、そして痛烈な刺激(精神的にも経済的にも)をもたらす、歯がゆいけれど縁を切れない恋人のような存在かもしれない。 LEDヘッドランプ• LEDヘッドランプ• 助手席エアバッグ• 更にこの頃にはラリーに熱心となったフィアットは、ラリー用にアバルトの専用チューンを施した97馬力仕様をGr. かわいい見た目ながら、走らせるとホットで、価格も輸入車としては安いことから、人気が急速に高まったのである。

3

AUTOBIANCHI A112 ABARTHアウトビアンキA112アバルトが欲しい!!

フロントサスペンションのロアアームの付け根や、ドライブシャフトがよく壊れるポイントです。 ところが1970年代後半になり、の生産が終了した後に「アバルト」の人気が出たため、生産自体はそのまま続行された。

アウトビアンキ・A112

- A112に「アバルト」グレード追加。

7